2011年4月17日日曜日

いよいよ赴任

明日、赴任です。

日本を出発してから今までは現地を学んだり、ホームステイをしてバヌアツの言語や文化、生活に少しずつ慣れてきました。

ご飯も美味しいし、人も親切で明るいし、自給自足の生活が基本で、家族のつながりを大切にしている国。私は大好きです。

そして、生活だけでなく、医療の現状も少しだけ見ることができた。こちらは問題がたくさん。。。
中央病院を見学して、首都から1時間くらい離れたところにあるヘルスセンターを見学して。。。
びっくりしたことはたくさんあった。バヌアツにはCTがないし、透析などの機器もない。
病気になって病院に行っても、治療が限られている。。医師が少ない。
私の働く州ではまだ医師がいない。。

そんな所で私が主に担当するのはヘルスプロモーション。
予防が大事!!!

生活習慣を変えることは難しい、自分でよく分かっている。でも、知識がなくて、悲しい思いをする人が少しでも少なくなるように1日1日活動していこうと思います。

元気にいってきまーす♪


語学の先生と同期のみなさん・・・


2011年4月12日火曜日

任地訪問

先週、私の任地であるバヌアラバ島ソラにサイト訪問してきました。
ソラは首都ポートビラから飛行機で2時間離れている離島。
 トルバ州の保健事務所のヘルスプロモーション課で働くことになります。
ここが私の職場。
 まだ、現地語もままならず、2年間で自分に何が出来るのか???
全く分からないけれど、少しずつ生活に慣れ、自分の目でしっかり見て、感じて。。。
この国のために何かできることを探していこうと思います。
この海があれば、がんばれます!